学習する家族-Learning Family-

育児会社員の育自日誌

【子どもと一緒に読みたい本です】「どうせ無理」を「だったらこうしたら?」へ 空想教室/植松 努氏 著

こんにちは、「学習する家族」のみったです^^

 

本日ご紹介するのは

TEDxでのHope invites(想いは招く)のプレゼンテーションで

有名な植松 勉さんの著作です。

 

動画はこちら▼

Hope invites | Tsutomu Uematsu | TEDxSapporo - YouTube


 

好奇心を“天職

好奇心を“天職"に変える空想教室

 

 

終始でてくるのは「夢」と「あきらめ」というキーワード。

 

「どうせ無理」という言葉を社会からなくす

「だったらこうしてみたら」と呼びかける社会に変えたい。

 

シンプルな変革です。

 

この変革に私はのります。

 

私の考え方の礎となっているマザー・テレサのあるエピソードがあります。

 

インタビューで『世界平和のためにわたしたちはどんなことをしたらいいですか』と尋ねられたときに、マザー・テレサが言った答え。

『家に帰って家族を大切にしてあげてください。』

 

自分と目の前の人、その集積が社会をつくっていることを

思い出させてくれるエピソードです。

 

いま、ここからできることがたくさんありますね。